FC2ブログ

更新履歴

▼をクリックすると更新された内容の冒頭部分がご覧になれますので、
久しぶりのご訪問の方はこちらで未読・既読のご確認ができます

【  2015年02月  】 

スポンサーサイト

スポンサー広告

--.--.-- (--)

 全文を読む

PageTop▲

FF4長編小説 Faith 14

Faith(長編)

2015.02.27 (Fri)

 Finalfantasy IV another story Faithstory・14 you are the one初夏の風が緩やかに三人の身体を撫でる。「う~ん!気持ちいいね」ローザは友人のリズ達と一緒に、バロン城の近くにある丘の上でランチを楽しんでいた。「もうすぐに夏が来るよ。そしたら海岸に行って泳ぎにいこうよ」「あ、私水着買わなくっちゃ」他愛のない友人との会話が、今のローザには安らぎだった。リズとミルファとローザはお互い選択科目が違うが、いつも...全文を読む

PageTop▲

FF4長編小説 Faith 13

Faith(長編)

2015.02.27 (Fri)

 Finalfantasy IV another story Faithstory・13 LIKE THE SUN(後編)「誰かいませんか~?」ショーンの声が周辺にこだまする。村は不気味なくらい静まり返っていた。「雨だからですかね?それにしても誰も居ないなんて…」二人は辺りを見回し、様子を探る。踏みつけた小枝がパキリと派手な音を立てた。「先輩、酷くなる前に竜騎士団と合流しましょう!」時折大粒の雨が肩を濡らしていく。セシル達は急いで応援に呼ばれた竜騎士団...全文を読む

PageTop▲

FF4長編小説 Faith 12

Faith(長編)

2015.02.27 (Fri)

 Finalfantasy IV another story Faithstory・12 LIKE THE SUN(前編)「セシル先輩~!」背後から名を呼ばれ、青年は振り返った。何時になく暑い日差しが大地を焼きつけ、ゆらゆらと蒸気が景色を揺らし、思わず目を細めた。「どこ行ってたんですか?隊長が探してますよ」「ああ、すまない」近づいた一人の暗黒騎士は溜息をひとつつくと、セシルに向かって急かす様に言った。「もう、目を離すとすぐにどこかに行ってしまうのは、...全文を読む

PageTop▲

FF4長編小説 Faith 11

Faith(長編)

2015.02.27 (Fri)

 Finalfantasy IV another story Faithstory・11 夢であるようにセシルが陛下の命を受け、暗黒騎士としての剣を手に入れる為、洞窟へ向かった日から数日が経過した。いつもと変わらない生活が続く。ローザの頭痛も数日で収まり、再度学校に通えるまで回復した。そんなローザを気遣ってか、カインは毎日、学校に送り迎えをしてくれていた。「カイン…」「よっ、元気そうだな」 朝、出掛ける為に家の扉を開けると、軽装を着たカイン...全文を読む

PageTop▲

FF4 恋のかけら 1・学生編

恋のかけら(長編)

2015.02.26 (Thu)

 Final Fantasy IV・Dream Novel恋のかけら・1「武運を祈っているから」エミルは窓際に平行して設置されているベッドの上に座り彼を見つめた。「ああ…」「だから必ず帰ってきて」 「……」 一瞬、悲しげな色を含んだ蒼い瞳が光ったが、すぐに無表情に戻り彼女を見つめている。いつも、そうなんだ。この人は何があっても、表情を変えることはないんだ。「また来る」バロン国屈指の槍使いと謳われ、竜騎士隊長でもある青年、カインは扉...全文を読む

PageTop▲

恋のかけら 前書き

恋のかけら(長編)

2015.02.26 (Thu)

 サイトでは当時流行っていた「夢小説」で書いていました。なので主人公の名前は自由に変えられたのですが、ここではデフォルトの「エミル」で統一しています。『もしFF4の世界に女戦士がいて、カインの恋人になっていたら』と、ありがちな展開なのですが、書いている本人はゲームに沿って書けるので楽しいです(笑)セリフも所々ゲーム内の言葉を使って絡めています。大人な関係、ローザとセシル、カインの四角関係も想像するとなか...全文を読む

PageTop▲

FF4長編小説 Faith 10

Faith(長編)

2015.02.26 (Thu)

 Finalfantasy IV another story Faithstory・10 Beloved―――僕の…この気持ちはいつまでも変わらないから。―――セシルは…変わらない。手を伸ばすが、いつまでも届かない小さなセシルの背中…。視界が光が射すように白み、気がつくと自室にあるベッドの上だった。「ここは…」寝ぼけた頭を振り、ゆっくりと体を起こすが、思うように動いてくれない。「…いたっ」 頭は木槌で叩かれたように痛む。私、どうしたんだろ?あれから…洞窟の中...全文を読む

PageTop▲

FF4長編小説 Faith 9

Faith(長編)

2015.02.26 (Thu)

 Finalfantasy IV another story Faithstory・9 丘の上の教会柔らかな風が吹き抜ける小高い丘の上に、古びた教会があった。「はやく、はやく!」白い花柄のスカートに身を包んだ小さな女の子は、小走りに丘を駆け上がり、息を整えから振り返ると、後からゆっくりと歩く男の子を急かすように呼んだ。「待ってよ!ローザ!そんなに急がなくても大丈夫だよ」男の子は立ち止まって手招きをしているローザに、微笑みながら答えた。 「...全文を読む

PageTop▲

FF4長編小説 Faith 8

Faith(長編)

2015.02.26 (Thu)

 Finalfantasy IV another story Faithstory・8 デスブリンガー男は静かに立っていた。どこまでも続く空洞に無数の岩が転がっている。到底明かりもなく暗い空気は湿気を含くみ重く圧し掛かってくる。しかし、その男の周囲に纏う空気は鋭く張り詰めている。「セシル…とうとう来たな」男は呟くように、その名を呼んだ。全身を闇夜よりも暗い甲冑で包み、兜は薄く目元だけが開いているが、その合間に見える表情は全く判らない。しか...全文を読む

PageTop▲

FF4長編小説 Faith 7

Faith(長編)

2015.02.26 (Thu)

 Finalfantasy IV another story Faithstory・7 技工士シド「シド!」日も暮れる頃、カインはバロンの片隅にある作業場を訪れた。初老の技工士は名を呼ばれ、作業を止めて振り向く。「おお!カインか!久しぶりじゃの!どうしたんじゃ?お前さんが作業場にくるなんて珍しいじゃないか!」作業場とはシドの開発した飛空艇の生産をする場だった。周囲には数名の技工士達が世話しなく動き回っている。若かりし頃のシドは、バロンに伝...全文を読む

PageTop▲

FF4長編小説 Faith 6

Faith(長編)

2015.02.25 (Wed)

 Finalfantasy IV another story Faithstory・6 あなたに逢えたらローザは街の郊外まで差し掛かっていた。「おいつける…かしら…」―――さっきの胸騒ぎはなんだったのだろう?セシルの身になにか起こる予感がした。それは曖昧で確証のない不安。予感だけならいいが、もし本当に何かあったら…?それを確かめたくて家を飛び出していた。しかし、初春の明け方はまだ寒く、着るものもガウンを羽織っただけでは、身震いがしてくる程体が冷...全文を読む

PageTop▲

FF4長編小説 Faith 5

Faith(長編)

2015.02.25 (Wed)

 Finalfantasy IV another story Faithstory・5 君に伝えたいこと朝方、時折強く吹きつける風。出発の日はやけに寒かった。旅人が着込む薄手の黒いマントを深く体に巻きつける。腰にはセシルの長年愛用している長剣を差し、背中にかけた麻袋には、幾らかの洞窟の中で役に立つ松明や、少々の食料を携えていた。―――緊張はあまりない。ただ洞窟に行くだけと、セシルは少しの疑いもなかった。―――陛下がおっしゃっていた話…負の力を増...全文を読む

PageTop▲

FF4長編小説 Faith 4

Faith(長編)

2015.02.25 (Wed)

 Finalfantasy IV another story Faithstory・4 わすれることカインは夜明け近くに寮へ戻ってきた。「ああ、ちょっと帰り道に森に寄ってたんだ」疲れた様子だったが、それ以外は変わらないようだった。カインの言う森とは二人の稽古場所で、幼い頃からここで剣の稽古をしていた。お互いがライバルと感じた頃から練習に熱が入り、小さな怪我もままならない程だった。こうした甲斐もあって、今ではバロンでも1、2位を争うほどの剣...全文を読む

PageTop▲

FF4長編小説 Faith 3

Faith(長編)

2015.02.25 (Wed)

 Finalfantasy IV another story Faithstory・3 月夜に照らされて。その夜は辺りが静か過ぎるほどだった。だがある一軒だけは、華やかに窓の外へ光を照らし出している。時折、数人の笑い声も聞こえ、闇夜はそこだけ明るくなったかのようにさえ見える。小高い丘にあるローザの家は郊外から少し離れた位置にあり、貴族や、王家に遣える者達がごく少数だが家を構えている。ローザがまだ小さい頃、竜騎士近衛兵隊長補佐官をしていたロ...全文を読む

PageTop▲

Final fantasy IV the after  Mind Games

The after Mind Games

2015.02.24 (Tue)

 Final fantasy IV the after  Mind Gamesthe second 風色の瞳風はどこからやってきて、どこへと向かって行くのだろう。高く聳え立つあの山からなのか、それとも遥か彼方に見える大海原からなのか。幼い頃、何度も疑問を確かめようとバロンの外へと飛び出した。けれど仰ぎ見た空は何も答えてくれない。竜騎士である父に尋ねても答えてくれなかった。「旅にでも出て確かめてみろよ」「親父だって知らないくせに…」「いや、俺は答え...全文を読む

PageTop▲

FF4長編小説 Faith 2

Faith(長編)

2015.02.24 (Tue)

 Finalfantasy IV another story Faithstory・2 君の答え「遅いぞ!セシル」玄関の前で不満な声を挙げている人物がいる。すらっとした背丈で、セシルよりは少し高かった。長い金髪は後ろでひとくくりし、軽装ながらも腰には短剣を携えている。「おい!まだかよ!」再度急かす頃には、もうすっかり辺りは暗くなっていた。「ごめん、ごめん。」セシルは足早にその家に向かって走る。「どうした?珍しいな。お前が遅れるなんて」セシ...全文を読む

PageTop▲

FF4長編小説 Faith 1

Faith(長編)

2015.02.24 (Tue)

 Finalfantasy IV another story Faithstory・1 卒業「ねえ…みて」やわらかな風が目の前にいる少女を包む。艶やかで小さな白い顔、唇はふっくらと赤く、腰まで伸びた金の美しい長い髪は緩やかなウェーブがかかり、いたずらな風の妖精達が弄び、時折頬をくすぐる。ゆったりとした日差し、この丘を吹く風は暖かな春を運んできていた。「綺麗でしょ、この花。あそこの河の近くで沢山咲いていたの。朝露に濡れてとても綺麗だったのよ...全文を読む

PageTop▲

FF4 Faith 前書き

Faith(長編)

2015.02.24 (Tue)

 この小説を書き始めたのは2000年位で、まだ世の中ファンサイトというのが出始めた頃でしょうか。FF4がSFCで発売された時にはまり、それから漫画を描いたりしていたのですが、同人誌で発表には至らず(その間トルーパーや他の格闘漫画やらに手間をかけてしまっていたので)貯めていました。ネットが漸く普及した頃に個人でホームページを開ける事を知った時には無我夢中で作ってましたね。まだ素人感覚だったので、今残ってるページ...全文を読む

PageTop▲

遥か ~SPITZ Ver.~

◆FFX 短編 それぞれの物語

2015.02.23 (Mon)

 夢から覚めない翼遠い遠い遥かな場所へ―――飛べそうな翼それは誰も持っている訳じゃない。夢を紡ぐ人だけが見えるもの。背中に生えている翼を大きく広げ、声がする所へ行けそうな気がした。―――夢を見ていたんだ。大きなビルが立ち並んで、見上げると息が詰まりそうでさ。それに空が建物で覆い尽くされて見えそうにない。こんな所じゃ俺、飛べない。でもさ、ここは楽しいんだ。一年中明るくて、眠る夜なんてない。あちこちの明るいネ...全文を読む

PageTop▲

Final fantasy IV the after  Mind Games

The after Mind Games

2015.02.22 (Sun)

 the beginning Woman青き星―――かつて世を巻き込む闘いがあった。一人の青年から始まった運命の輪廻は、各々の国を巡り、やがて地に生きる者を巻き込み、天高くその存在感を示していた月にまで到達した。二人の月の兄弟は憎しみあい、傷つけ合うが、やがて共に運命に立ち向かっていった。もう二度と悲劇を起こしてはいけない、自分達の過ちはここで終わらせようと。誰もが幸せを願っていた。 「…さよなら… 兄さん…!」闘いを終えた...全文を読む

PageTop▲

バックアップ用ブログになりました。

◆過去記事

2015.02.22 (Sun)

 再開なのですが、サイトの更新が期限切れになり閉鎖をしてしまったので、ここは今まで書きためた小説のバックアップ用のブログにしました。pixivでもバックアップに使っているのですが、投稿が面倒なのであまり進んでいません(@@;)こちらは気軽に投稿できるのでこまめに、そんで気紛れに新作なども投稿できればいいなぁと考えてます。日常の話はTwitter(@pao2cafe)でやってます。暫く新選組にはまってますが、最近自分のサイトの...全文を読む

PageTop▲

FFX それぞれの物語 前書き

◆FFX 短編 それぞれの物語

2015.02.22 (Sun)

 サイトでは50のお題として出していた短編集です。普段はティーダとユウナを中心にして話を進めているのですが、たまにはゲームに沿って他のメンバーに視点をあててみたり、初心にかえって初々しいティーダを書いてみたりしたのですが、まだまだ50の物語に届いてません……(@@;)...全文を読む

PageTop▲

前月     2015年02月       翌月

更新履歴カレンダー

01 ≪│2015/02│≫ 03
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28

月・日を選んでクリックすると
更新履歴が表示されます。

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。